スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

the weblog of the design group, by the design group, for the design group!!

はろぅ  やあやあ

また書いてしまいます。  なんてフランクなブログか。  いやいや ブログはこうあるべきではないか。


気負いせずに楽しみながら、且つ重点を楽しく纏め上げる・・・  これだっ

はい  閲覧数が増えることを期待しています。  情報発信元としての役割を果たすことが大切なのですよ!!

というわけで大雑把な今週の活動、  設計班が書くから偏るかもよ      故意だけど。


では 設計班より、模型機接合部作成  

大変長らくお待たせいたしました。  尾翼部の設計終わりましたった。IMG_3509.jpg


ほい  接合部の図面たち この内、主桁中央部と胴と主桁を繋ぐ接合部は先週完成セリ。


今回は尾翼接合部をメインに紹介しますぞ。       


尾翼接合部は下図の外形φ32のアルミパイプを加工して作ります。

Alパイプ ~ 図面とともに ~     ・・こんなメニュー表記のお店に行ってみたいな

IMG_3513.jpg


あ  図面といっても接合後の概略図みたいなものですので 書きかた等々はあまり気にしてません。 

ご了承を。

ナットでの固定部や調節部に色付けてみたよ!!   割と分かりやすいんじゃない?

ちなみにkりべ くんが作ってくれたモデル 
IMG_3468.jpg

と まあこのように この接合部は垂直尾翼、胴部、水平尾翼の3つの部分を繋ぎ、さらには水平尾翼の角度調節機能まで付いているというなんとも優秀な部品なのですよ。 (※モデルでは垂直尾翼は繋がっていません)   ドヤッ☆

で、図面をCADでつくってきてーの、 アルミパイプに貼ります。

IMG_3516.jpg

はいな  こんな感じになります。  これの利点としては、アルミパイプへの直接のけがきが必要ないということですね。  丸物において完璧な水平、垂直をけがくのは難しいですし、どうしても誤差が出てしまいます。 その一方で CADデータを印刷、貼りつけるのは正確かつ、あまり手間がかからないというね。  道具は活用しなくては。  切に感じる今日この頃でした。

で これを穴あけしてもらいましたよ~ IMG_3525.jpg


穴あけご苦労さまー  大義であった。  

うんイーネ!!  綺麗だよ  今キミとっても綺麗、 に水平、垂直尾翼用の穴が空けられました。

やったね たe

実際につけてみる。

IMG_3520.jpg

よいではないか。  
IMG_3522.jpg

ふむ  あとは水平尾翼の角度調整板、等々 まだ完成ではありませんが、取り敢えず順調に事は進んでいます。

まだまだ 頑張るよ。  

と  まあ 設計班のアピールブログでした。  タイトル通りね。   通常記録のほうは別の人が書いてくれますのでそちらはおまかせいたしませう。  


追伸 コメントありがとうございます 発見した時は二度見してしまいました。 活動はしっかりやっておりますのでご安心を!!   と今回の更新理由の一つがこれなのでした。 


以上 設計班のわかりやすいレポート編 でした。  y.s
スポンサーサイト
2011-07-15(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

デコレ

Author:デコレ
岩手大学の同好会
航空研究会décoller

鳥人間サークルの活動日誌です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。