スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

暑さと活動量の比例関係

あついぜ!夏だぜ!夏休みだぜ!

はい、そんなわけで大絶賛活動中です!何もこんなに暑い時に限って活動激化しなくても・・・ってくらい絶賛活動中です。作業量ハンパないです。んじゃここまでの動きをプレイバック!


8月8日

IMG_3879_convert_20110817211830.jpg

いよいよ主翼へのリブ付けが始まりました。

IMG_3881_convert_20110817211910.jpg

こんな感じでCADで作ったリブの位置が示してある紙を桁に張り付けていってリブの位置を決めていきます。

IMG_3886_convert_20110817211951.jpg
IMG_3910_convert_20110817212049.jpg

こちらは、先日の塩ビ・PET板焼きでとった型なのですが、寸法が足りないということで端材で延長部分をつくってるとこらしいのですが・・・そんな補修で大丈夫か?(大丈夫だ問題ない!?)

IMG_3891_convert_20110817212009.jpg
IMG_3892_convert_20110817212029.jpg

ズドン。kずと君が何やら怪しいものを作っているぞ・・・。後縁材(厚さ1mm)に鉋(かんな)で15度の傾斜をつけるための装置らしいですが・・・

IMG_3963_convert_20110817212352.jpg

結局うまくいかなかったようで自分の感性で板厚1㎜に傾斜をつけていました。んでなぜこんな神経質な作業をやっていたかというと・・・

IMG_3958_convert_20110817212829.jpg

後縁材を一本化して強度を上げるためなのでした。ボンド塗ってる部分が傾斜つけた部分です。これを別の後縁材の傾斜と貼り合わせて一本化していきます。

IMG_3923_convert_20110817212107.jpg

はてさて、この写真は桁試験の本番の写真です。今回の試験では8日~10日にかけて5本(6本?)の桁で試行してみました。桁の層が上がるにつれて強度が確実に上がっていることがデータからもよく分かり、なかなか興味深かったです。桁試験についてはもう少し詳しく書いていきます。

IMG_3925_convert_20110817212131.jpg

上の二枚の写真から見てもわかると思いますが、バケツから水が注水されるとホースを伝って農業用貯水タンクに水が入っていきます。タンクの重さが33㎏でそれを初期値として5㎏刻みで水を注水していき、桁のたわみ具合を見ます。

IMG_3997_convert_20110817213113.jpg

で、たわみ具合を見るにはまず上の様に桁の中心にスケール(定規)をつけ、0点・・・要するに下端に重なるように糸を張ります。糸は梯子側にくくりつけてあるので桁とは独立してます。そして桁に荷重がかかるほどスケールは垂直下方向に降りて行くので糸の張りが目印となってスケールのメモリからたわみ具合が分かるというわけです。目盛りの読み取りは安全面を考えて遠方からデジカメのズーム機能使って読み取ってました。

下の写真は実際にたわんでる最中の実験の写真です。張った糸がメモリのガイドになっているのがよくわかりまっす。

IMG_4045_convert_20110817213149.jpg

ちなみにデータの記録の時以外は安全面を考慮して実験装置からみんな離れてました。

IMG_3934_convert_20110817212151.jpg

いつ壊れるのだろうとびくびくしてたら急にその時は来ました。たわみ加減である程度来そうなのは覚悟していましたが、本当に折れるときは大きな音を立てて一瞬で折れました。ああ、心臓に悪い。それにしても折れた場所が荷重をかけていた点からずれているのが気になりますね。

IMG_3982_convert_20110817212458.jpg

一仕事終えた後はoやまだ君が持ってきてくれたスイカをみんなで食ったお。うひひ、サーセン。oやまだ君ちは農家だそうで今後の差し入れに乞うご期待(笑。スイカおいしかったお。

IMG_3993_convert_20110817212519.jpg

食後は悪いおじさんがスイカ欲しさに脅しにかかる。右にはなぜか対抗しようとする素手が・・・。なかなかシャレになんない画かも(ーー;)

IMG_3967_convert_20110817212425.jpg

ズドン。

この日の活動はこんな感じでした。ここまで見るとわかると思うけどこの日から作業はかなり広い範囲に波及してます。まとめんのがつらい・・・。どうすんだ、あと4日分書くっつぅのに・・・


8月9日、10日

IMG_4065_convert_20110817213210.jpg

ほい、翌日と翌々日。4日分っつても後は全体的に8月8日のような作業の繰り返しなので思ったより書くことは少ないのでした。はしょったわけじゃないよ・・・ほ、本当だって!

IMG_4162_convert_20110817213228.jpg

まあ、この二日間については進展のあった桁試験の話でもしましょう。写真見てもらえばわかりますが、桁がちょうど荷重かけた点で折れています。これは非常にいいことで、こうなると桁の耐荷重の真に近い値を知ることができます。

IMG_4165_convert_20110817213256.jpg

こうして桁試験は10日で幕を閉じました。結果について大まかに言うと二層の桁は平均的に100㎏+α程耐えまして、三層の桁は250㎏+α程耐えました。n洞さん曰く強度としては十分・・・というか予想以上だったみたいです。なんにしても無事終わってよかったです。

IMG_4183_convert_20110817213419.jpg

こちらは翼班。手前に見える細い板みたいのが8日に作ってた後縁材を一本化したものです。とにかく長かった。縦通しもこれと同じ要領で作っていました。

初めにも言いました通りこの二日間は8日の作業の延長みたいなもんです。桁班は桁試験、翼班は主翼製作のように、各自分かれて作業してました。一年生もだんだん自分専門の作業にのめりこんでいってます。設計班は暇・・・ではないけど各般のお手伝い全般をしております。


8月11日

IMG_4265_convert_20110817213527.jpg

さて、桁試験も終わり、主な作業はコクピ、主翼製作に移ります。今年の翼製作の手法としては先にリブに後縁材、縦通し材をつけてからリブを桁に固定することの様で・・・このほうがズレが少ないみたいです。

IMG_4273_convert_20110817213559.jpg

さあ形がだんだん見えてきたぞ。翼らしくなってきたかな?

IMG_4291_convert_20110817213932.jpg

そしてこれはコクピの後ろにつく尻尾?的なもの。去年よりいい出来だ。うんうん。

IMG_4284_convert_20110817213642.jpg

さてくつろぎのひと時。スチのりで作ったいも虫たちです。名前は白いほうがイモ子、黒いほうがイモ男に決定!

IMG_4299_convert_20110817213952.jpg

懲りずにもう一枚。伝説のポケモン、ル○アを書いたらいつの間にか大変なことに。

と、お盆前までの活動はこんなとこです。このままお盆明けの17日の活動も書こうかと思いましたが、記事が異常に長くなってしまったのでいったんここで区切ります。

それにしてももう12時・・・9時前に始めたというのに・・・え?宿題?やれてないよ。
こんなところからも最近の作業のハンパなさが伝わるかと(笑
それではまた後ほど(^_^)ノシ
スポンサーサイト
2011-08-17(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

さわやかな部活になりましたね!
暑さに負けずがんばってくださいb!
2011-08-18 11:38 | ヘイコ― | URL   [ 編集 ]

プロフィール

デコレ

Author:デコレ
岩手大学の同好会
航空研究会décoller

鳥人間サークルの活動日誌です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。