怒涛の(?)更新劇 その3

はい、次の記事です。

3月21日に学内カンパニーの成果発表会がありました。これもうちのチームとしては重要な行事です。

ところで学内カンパニーって何よ、と思った方々。いい質問ですね(池上彰風に)
そういえば学内カンパニーについて説明がなかったので今回はそこについて少し書きます。文字が多くて退屈な記事になってしまうかもしれません。

私たちのチームはもともと岩手大学鳥人間サークル「décoller」として7年前に発足。
鳥人間コンテストへの一回の出場を経たのち、加入していた大学の団体からの資金援助期間が満期になり、工学部内で発足したものづくりエンジニアリングファクトリーへ所属を変更。サークルではなくなったため、滑空機製作チーム「décoller(デコレ)」とチーム名を改め、学内カンパニーとして2010年から活動を開始、という経緯があります。

学内カンパニーはその名の通り、主に営利活動を目的とする大学内の仮想的な会社で、私たちのほかにも多くのカンパニーがあります。が、私たちは準カンパニーという名目で支援していただく事業費は少ないかわりに、活動の拘束力がそこまで強くないという特徴があります。学生のみでの活動、また営利を目的としていないのも特徴です。

ただ、サークルと学内カンパニーの決定的な違いとして年度の初めに自分たちのやりたいことをコミットし、それについて1年間活動、結果を評価・発表するということがあります。
学内カンパニーは仮にも会社なので、年間の事業計画を支援者(大学や協力者)に表明し、それに従って年間を通して活動するという会社活動の一部を体験するわけです。もちろん活動の過程で社会人との交流も多くあり、それも会社活動の一部として学生が体験することで社会性を身につけます。
私たちも、学内カンパニーとして活動を始めてからいろいろな方にお世話になりました。前回のオリンポス訪問の様な例も含めて。

さて、本題に戻りましょう。3月21日にあった学内カンパニーの発表会は学内カンパニーの一連の活動の結果の評価・発表にあたります。この日、岩手県内から様々な社会人の方がお見えになりました。この1年でお世話になった方、これから事業提携をするためにやってきた方など多くの方がこの発表会のためにいらっしゃいました。私たちは営利目的ではないので企業と直接事業提携ということはないのですが、やはりこのような方々に向けて発表となると身が引き締まる思いだなぁ。

ということで成果発表会は私たちの学内カンパニーとしての1年間の活動の集大成なわけです。前回の記事見てもらえばわかるんですが、19日に北海道にいてその後のこれなので、スケジュール的にはこの時期が一番大変でした。あれ?春休みってなんだっけ?状態(笑)

でも、この時期乗り切ったことで見えてきたこともありました。やはり外部との交流が大事なんですね。情報の流れや行動の範囲がまるで違ってくる。お世話になった方々には本当に頭が上がりません。

というわけで、昨年度の活動の締めくくりである成果発表会の記事でした。文字ばっかりで申し訳ない。写真がなかったのよ。何か良い写真が見つかったら再編集します。今回の記事は、私の認識と実際とが違っているかもしれないデリケートな話題なので、身内でここは違うというところがありましたらご指摘いただけると幸いです。
それでは今回はこんなところでさようなら(^_^)/~
スポンサーサイト
2012-04-20(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

デコレ

Author:デコレ
岩手大学の同好会
航空研究会décoller

鳥人間サークルの活動日誌です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード